FC2ブログ

殺処分の現実。

2009年09月24日 23:25

昨日放送されていたニュース番組内での特集です。



友人にこの番組があった事を今日教えられ、慌てて動画を探したらyoutubeにアップされていました。

最後の方はもう胸が苦しくて苦しくて、どうしようもなくなる内容です。

この映像内で殺処分されてしまう犬の中にゴールデンがいるんです。

ガス室へと移動させられ始めた瞬間悲痛な声で叫ぶ犬たち。

無機質な部屋で重なり合って、苦しみぬいた挙句に死んでいく犬たち。

今まで保健所の映像は数多く流れていましたが、ガス処分される一部始終を見たのは初めてでした。
想像していた通り、いや、想像以上に残酷な実態でした。

望んでいない子犬が産まれ、もう飼えないからとたった2000円の手数料を払って引き取ってもらう飼い主。その飼い主の側には小さなお孫さんが。
その人は一体その孫に、命の尊さをどう教えるんでしょうか?

癌に侵された犬を、もう治療を受けさせられないからと引き取ってもらった飼い主。
生きている限り、病気になる可能性はあって当たり前なのに。
人間だって病気になるのに、もし自分の家族が治療が難しい病気になってしまったら、「お金がないので殺してください」って言うのでしょうか?人間の場合、それは殺人になるのにどうして犬はならないのですか?
どうして2000円ぽっちのお金でカタを付けられる世の中なのですか?

狭い部屋で、二酸化炭素を吸わされ暴れに暴れてだんだん力をなくしていく犬たち・・・
その犬たちは最後の瞬間、何を思い何を感じるのでしょうか?

それでもきっと犬たちは、元の飼い主を恨む気持ちなんてないと思うんです。
ただただ、頭に浮かぶのは「どうして?」だけ・・・。

人間の身勝手で命を奪われた犬たちの、かつてはキラキラ光っていた目にはもう何も映る事はありません。
人間のほんの一瞬のカワイイ、欲しい、飼いたい、やっぱり飼えない、もういらない、という感情で
犬たちの何もかもを奪ってしまう事が、どうして罪にならないのでしょうか?

そんなに殺処分を望むのなら、自らの手でボタンを押せばいい。
かつては家族だった犬の最後の瞬間を、ちゃんと見届けるべきだと思う。どういう形であれ。
自分の都合で手放す犬たちを殺してしまうという罪を、一生背負って生きていくべきだと思う。

犬や猫たちの小さな命でさえ大切に思ってあげられない人間が、どうして人間の命を大切に思えるんだろうか。
こういう現実を隠して、どうしてペットブームだなんて平気な顔して言えるんだろうか。
今のペットブームは、たくさんの命の犠牲の上に成り立っている事を、どうしてもっと真剣に考えられないんだろうか。

犬たちはただ、大好きな家族と最後まで一緒にいたいだけなのに。




















スポンサーサイト





最新記事