スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺処分の現実。

2009年09月24日 23:25

昨日放送されていたニュース番組内での特集です。



友人にこの番組があった事を今日教えられ、慌てて動画を探したらyoutubeにアップされていました。

最後の方はもう胸が苦しくて苦しくて、どうしようもなくなる内容です。

この映像内で殺処分されてしまう犬の中にゴールデンがいるんです。

ガス室へと移動させられ始めた瞬間悲痛な声で叫ぶ犬たち。

無機質な部屋で重なり合って、苦しみぬいた挙句に死んでいく犬たち。

今まで保健所の映像は数多く流れていましたが、ガス処分される一部始終を見たのは初めてでした。
想像していた通り、いや、想像以上に残酷な実態でした。

望んでいない子犬が産まれ、もう飼えないからとたった2000円の手数料を払って引き取ってもらう飼い主。その飼い主の側には小さなお孫さんが。
その人は一体その孫に、命の尊さをどう教えるんでしょうか?

癌に侵された犬を、もう治療を受けさせられないからと引き取ってもらった飼い主。
生きている限り、病気になる可能性はあって当たり前なのに。
人間だって病気になるのに、もし自分の家族が治療が難しい病気になってしまったら、「お金がないので殺してください」って言うのでしょうか?人間の場合、それは殺人になるのにどうして犬はならないのですか?
どうして2000円ぽっちのお金でカタを付けられる世の中なのですか?

狭い部屋で、二酸化炭素を吸わされ暴れに暴れてだんだん力をなくしていく犬たち・・・
その犬たちは最後の瞬間、何を思い何を感じるのでしょうか?

それでもきっと犬たちは、元の飼い主を恨む気持ちなんてないと思うんです。
ただただ、頭に浮かぶのは「どうして?」だけ・・・。

人間の身勝手で命を奪われた犬たちの、かつてはキラキラ光っていた目にはもう何も映る事はありません。
人間のほんの一瞬のカワイイ、欲しい、飼いたい、やっぱり飼えない、もういらない、という感情で
犬たちの何もかもを奪ってしまう事が、どうして罪にならないのでしょうか?

そんなに殺処分を望むのなら、自らの手でボタンを押せばいい。
かつては家族だった犬の最後の瞬間を、ちゃんと見届けるべきだと思う。どういう形であれ。
自分の都合で手放す犬たちを殺してしまうという罪を、一生背負って生きていくべきだと思う。

犬や猫たちの小さな命でさえ大切に思ってあげられない人間が、どうして人間の命を大切に思えるんだろうか。
こういう現実を隠して、どうしてペットブームだなんて平気な顔して言えるんだろうか。
今のペットブームは、たくさんの命の犠牲の上に成り立っている事を、どうしてもっと真剣に考えられないんだろうか。

犬たちはただ、大好きな家族と最後まで一緒にいたいだけなのに。




















スポンサーサイト


コメント

  1. flora | URL | -

    たぶさん。。。辛かったけれど、最後まで見ました。
    こういうシーンは決して見慣れることは永遠にないですよネ。
    私は幸か不幸か、保健所なるところへ1度だけ行ったことがあります。
    ボランティア活動をしている知り合いと一緒に行きました。
    それはそれは所内は、暗くて寒くて消毒の匂いが立ち込める・・・
    ここで希望を持て。と言われても、到底持てる様な、環境では決してありませんでした。

    そして昔は本当に「安楽死」だったそうです。
    ただ現在、安楽死。をさせるとなると、処分の費用は税金で賄っているらしく、
    昔のまま安楽死。をさせていると、1頭にかかる税金が二酸化炭素ガスに比べると
    高いそうで、現在の炭素ガスにしたそうです。
    でもこれはたぶさんが言う様に、大変苦しみながら亡くなってゆくそうです。

    ドリームBOX。
    最後の最期を迎える場所を、この様に言うと聞いたことがあるのですが、

    「何がドリームだ、ふざけるな!」
    と腹立たしくさえ思います。


    「いつもすまないね。」と所内の人へ悪びれる事もなく¥2000を渡す愚かなやつ。

    「オマエがここで処分されろ。」と思ったのは言うまでもありません。

    この世に生を受け、まさか最期をこの様な形で終えるだなんて、、、
    ここに来た罪もなく愛らしい子達は、全員が願ったことでしょう。
    でも、苦しんだ・・・頑張った分、神様はちゃんと頑張った証として、
    幸せな世界へ連れて行ってくれると願って止みません。
    そしてこのような愚かな人間には、それなりの制裁を受けて欲しいものです。

  2. りんりん(てんてん) | URL | -

     たぶさん、お家の事お疲れ出てませんか~?

    胸が詰まりました。見るのが辛い、と言って見ない人賛否両論だと思いますが私は見る側です。何も出来ないし無力だけど目を背けてはいけないと思うから。。。
    みんな同じ気持ちで胸が張り裂けそうでした…が…やはりゴルはダブってしまって久々に何とも言えない言葉では表せない怒りを感じました。私は中学の頃、町内の保健所に行った事があるんです。子犬が欲しくて。親にナイショで。今でもはっきり覚えています。
    凍りつくようなコンクリート貼りの光もない暗い寒い部屋に水入れように穴を掘ってありました。その時は子犬が4匹いました。全部連れて帰りたいって思い子供ながらの知恵でしたね。友人に着いて行って貰っていたので相談をして全部連れ出して飼い主を見つけようと思ったんです。でも保健所のおじさんに「それならお家に一応連絡しないとね。1匹なら連絡はいらない」と。今思うと浅はかです。結局1匹しか助けられませんでした。

    正を受けた中で人と言う動物ほど勝手で残酷な者はいませんね。
    2000円で命をゴミのように捨てた人、病気の子を捨てた人、それなりに同じような苦しみを味わえばいいと、そうでないと神も仏もないって思ってしまいます。
    この九州の保健所のような心ある人たちが増えてくれること(最悪の事態の上で)
    その前に一度迎えたなら生涯責任を持って共に生きると言う意識の元で迎える人だけになること、それを祈ってやみません。日本ではペットブームと言う言葉が使われる自体、こんな言葉ある自体おかしいんですよ。

  3. 伽羅ママ | URL | vF6dOJDI

    私はつらすぎて最後まで見ることが出来ませんでした・・・。
    人の命ならこんなに簡単に処分しないのに、罪に問われるのに、何故犬や猫なら
    許されるの?と腹立たしくて腹立たしくて。

    ペット税という話も出ていますが、税金を取ることで本当に大事に可愛がる人しか
    いなくなって、こうやって持ち込む人がいなくなるのであれば税金だって必要なんじゃ
    ないかと最近思います。
    あまりにも簡単にお金で解決できてしまい、簡単に動物をペットショップで購入できてしまい(我が家もペットショップで伽羅と出会ったのですが)、命の重さが伝わっていない世の中なのが悲しいです。
    殺される動物には何の罪も無くて、一番ひどいのは人間。
    悪徳ブリーダーもペットショップでの固体の販売も。

    目を背けたくなるこの映像も(事実私は最後まで見られなかったけれど)、ちゃんと
    流してくれる報道は必要ですね。

  4. ももママ | URL | -

    こんばんは。涙が出ました。こんな番組があったことは知りませんでしたが、現実を知ってもらう意味では放送されて良かったのかもしれませんが、どれだけの人がこの痛みを感じたのでしょうか…許せません!ももは手術をしました。本当は子犬を産ませたかったのですが、大型犬の流行らない今、引き取り手がないと可哀想だし、我が家で飼える数に限りもあるので手術を決めました。許せない!飼えないなら飼うな!育てられないなら産ませるな!ももも初めは飼うことに躊躇していましたが、長男が頑張ってきたスポーツで致命的な怪我をしてしまい、慰める意味と今まで頑張ってきたご褒美に飼うことを決めました。何とか復調し頑張っていますが、時々携帯メールで写真を送ると喜んでくれます。我がまま放題に育てた次男にも、良い妹分になり家族全員の心のより所になっています。ももを飼ったことで、命の大切さを実感しました。みんな同じだと思ってました。物を言えないペットを大事にしてほしいですね。

  5. たぶ | URL | -

    floraさん☆

    こんな映像、見慣れてしまったらダメなんです。決して。
    例え同じ映像を何度見ても、心が苦しくなる…そうでないと、画面の中の犬たちが浮かばれません。
    人間に振り回された挙句に犠牲となった子たちのために、私たちが出来る一番簡単な事はこういう現状を一人でも多くに人に伝える事だと思うんです。
    お金があって、土地があれば全ての子を救いたい。
    でもそれじゃ意味がないんです。
    「犬を捨てる」と言う身勝手な行為がなくならない限り不幸な犬たちが増え続けるだけなんです。

    現在も無駄に税金が使われているのに、どうして犬たちの為に税金は使われないのでしょうか?
    殺処分のための施設じゃなく、保護してあげるシェルターをどうして作らないのでしょうか?
    犬は増えれば殺されて当たり前なのでしょうか??
    人間の場合「こんなに生むつもりじゃなかったんだけどね~増えちゃって。育てられないから処分したいの」なんて言う人間が何処にいるでしょう?
    犬だって無意味な繁殖は防げる事なのに、それをせずに生まれた子犬は処分すればいいなんて、何処をどうひねったらそんな考えになるのでしょうか?
    愚かなのは人間です。犬にも猫にも何の罪もありません。
    なのに犠牲になるのは犬たちばっかり。
    どうしてなんでしょうね。。

  6. たぶ | URL | -

    てんてんさん☆

    私も必ず見る派です。でも私の母なんかは「かわいそうだから見たくない」と目を背ける人です。確かにかわいそうです。家にはカイがいるし救ってあげる事も出来ません。
    でも見ないふりをして背を向けるのはどうなんだろう?って思います。
    毎年何十万頭の犬が殺されているのに、それに背を向けたらあまりにもかわいそすぎます。
    本当に見るべき人間、悪徳ブリーダーや犬を捨てたやつらは見ないんです。見たとしても何とも思わないでしょう。だから捨てられるんです。どうしても飼えなくなったっていう状況でも、最後まで新しい飼い主を探したりはしないんです。
    そして母は、保健所に行くのも嫌だといいます。
    大勢の中からワンコを一匹選んで連れて帰ると他の子が可哀想だからと。
    100匹の内1匹でも救えるのと、100匹全員を見殺しにすること。賛否両論あるかと思いますが、私は1匹でも救いたいと思います。
    今の私は実家にいて、カイもいるのでなかなか新しく迎える事が出来ません。経済的にも無理かもしれません。
    でも結婚してもし余裕が出来れば遺棄された犬たちのために少しでも何かをしてあげたいと思います。

    てんてんさんはスゴイですね、子供ながらに行動力があって尊敬します。
    そんなてんてんさんの元で暮らすテンちゃんたちはきっと幸せでしょうね^^

  7. たぶ | URL | -

    伽羅ママさん☆

    最後まで見れなかったですか…確かにそうですよね、あまりにも辛すぎる映像ですから。
    でももし、少しでも気になったら是非見てみてください。
    ガス室で段々弱っていく犬たちの姿を見て、一人でも多くの人に「こんな現状があるんだよ」って伝えて頂けると嬉しいです。


    ペット税の話は私も反対です。税金を払わない人もいるだろうし、行政だって犬相手だと特に厳しく徴収したりもしないだろうし、その税金は結局何に使われるかも分からないじゃないですか??
    今だって無駄遣いしまくりなのに。。。
    それにこれは良心の問題であってお金で解決すべき問題ではありません。
    現に2000円払ってでも犬を引き取ってもらう飼い主がいるんですから。
    じゃあ引き取る費用を高くすればいいんじゃない?って思う人もいるかもしれませんが、そうすると今度は無断で遺棄する人が出たり、庭につないだまま虐待し衰弱死させる人がいるかもしれません。
    犬を捨てる人の気持ちが全くもって分からないし思考回路が読めないのですが、きっと「普通はしない事」を平気で出来る人なんでしょうね。
    私もカイとはペットショップで出会いました。
    ペットショップでの生体販売は禁止にすべきだと思います。でももし急に禁止になったら?
    今いる子の引き取り先が決まらなければ処分されるでしょう。
    そしてペットショップに子犬を卸していた繁殖屋にいる親犬たちも行き場を失って処分されるでしょう。
    それじゃなんの意味もないんです。
    かと言って繁殖業を規制する法律もないし…もうこの国は終わっています。
    経済が回復したって犬を平気で殺せる国は住んでる人間の心が貧しいんじゃないかと思います。

  8. たぶ | URL | -

    ももママさん☆

    全国区で流れていた番組だと思うのですが、このシリーズは3日間ぐらいあったんです。
    youtubeで検索したら出てくると思うので是非他の内容も見てみてください。
    確か子犬工場と呼ばれる繁殖業者の実態もやっていました。

    先代ユキの時もカイの時も、知り合いの人によく「子供産まさへんの?」って聞かれるんです。
    どうしてみんな子犬を産ませたがるのかがよく分からないのですが、、、
    確かに我が子の子供は見たいです。例え10匹生まれたとしても、経済的に厳しくても、自分が望んで子犬を産ませたんだから全部面倒見る気でいます。
    でもカイは遺伝病を持っているので繁殖には向いていません。
    心臓が弱かったり股関節が弱いから、生まれる子犬にそれが遺伝するかもしれないので。
    素人繁殖させる人の多くはきっとそういう遺伝疾患の事なんて考えずに繁殖させるのではないでしょうか。
    ただ単に「我が子の子供が見たい」って言う理由で子犬を産ませるのはどうなんでしょうね。犬側が本当に出産を望んでいるかどうかも分からないのに。。

    自分たちが迎えた子を最後まで面倒見る…こんな簡単な事さえ守れない人間がいる事が悲しいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaijyuukaichan.blog35.fc2.com/tb.php/131-c0ed4d09
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。