スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう会えない。

2010年07月15日 10:20

昨日親戚のおじさんが亡くなりました。交通事故でした。

今までおじいちゃんやおばあちゃん、遠い親戚のおじいちゃんやおばあちゃん…

何人かの方とのお別れを経験してきました。みんな病気で長い闘病生活を送った末に…でした。

だから交通事故で、あっという間にいなくなると言う経験は初めてで未だ信じられません。

私が病院に着いた時にはもう意識がなく、手を握ってももうほとんど体温が感じられなくて

この人が本当におっちゃんなのだろうか…と思ったぐらい別人のようでした。

いつも話題豊富で、色んな話をいっぱいしてきたおじさん。

うちのお父さんと同じ年ぐらいなのに、テレビの話とかもいっぱい知っていて

歴史にも詳しいから色んな勉強になって、親戚のおじさんなんて普通そう交流がないような気がしますが

そのおじさんだけは別でした。

大好きな人でした。

おばちゃん(奥さん)と二人、準備のために一足先に家に行った時

「もう帰ってくる事はないんやなぁ。このスリッパももう使う事もないんやなぁ」と

言った時が一番悲しかったです。

子供がいなくずっと二人暮らしだったおばさんたち。

昨日の夜、いつも通り夜勤に出かけたおじさんが翌日には変わり果てた姿で帰ってくるなんて

誰も想像できない事です。だから、出かける前にちょっとした喧嘩をしてしまったと。

喧嘩をした時に冗談でいつも「もう帰ってくるな」とか「死ね」とか言ってたけど

そんな事言うもんじゃないって泣いていました。

本当に帰って来なくなるなんて…って。

4年前にユキとお別れした時、本当に苦しかった。

泣いても泣いても気が晴れる事はなく、普段はカイがいるから無理矢理忘れる事もできたけど

ふとした時に「もういないのか…」って思うと、例え運転中でも号泣してしまうぐらい辛かった。

こんな辛い思いをするぐらいなら先に死んでしまいたいとさえ思うけど、私が死んだら別の人が

同じ思いをする事になるしそんな事をグルグル考え続けながら日々過ぎて行きました。

結局誰かと死別する事に慣れる事なんてないし、ましてやそれが長年連れ添った夫婦で

しかも突然となると受け入れるまでに時間もかかるし

今はまだお通夜やお葬式の手配にバタバタしているので気が張っているだろうけど

少し落ち着いた時のおばさんの気持ちを考えるとどうにもやりきれません。

8か月後に控えた結婚式だって楽しみにしてたのに。

もう二度と、おじさんとたわいもない話で盛り上がる事が出来ないなんて。

もう誰も死んで欲しくない。

だけどカイももう5歳。平均寿命の半分が過ぎようとしています。

近い将来、また大切な人との別れを経験するのかと思うと

どうしようもないぐらい辛い気持ちになります。

今日は夕方からお通夜で明日がお葬式。

ネコ好きなおじさんがコタに会いたいと言っていたらしいので

お通夜の前にコタを連れて行ってきます。

ちゃんと、サヨナラを言ってきます。






スポンサーサイト


コメント

  1. のぞぴー | URL | 64TjWBNY

    なんてこと。。。
    事故って本当に突然ですものね・・・

    うちも車で仕事をしているし・・
    夜行で家を空けることもあるので・・
    出勤前にだけはいい争いをしないようにと(私の中でだけ)決めています。
    帰って来ない。。
    そんな瞬間を経験するかもしれないので。。

    でも普段の生活の中ではその瞬間は在るはずがないと無意識に思っています。
    この世の色んなものが永遠でないのは確かだけど・・・

    不意打ちの様に・・
    大切なものを奪い取って行く。。
    神様って残酷なものですよね。。

    おば様や御親戚の方やたぶさんのご心痛やご無念は・・
    諮るに余りあって・・・胸が痛みます。

    おじ様の御冥福をお祈りします。
    皆様もお疲れが出ません様に

  2. たぶ | URL | -

    のぞぴーさん☆

    本当に。本当に突然すぎました。
    もう一週間が経つけど、未だに信じられません。
    どうして、どうしておじさんなの?って、そればっかり考えてしまいます。
    今回は自損事故だったので、誰も責められません。
    だけど、自損事故だったからこそ「何であんな場所で?」って思ってしまう。
    もう何を思っても、帰って来てはくれないけど…。

    私の相方も仕事が運送なので、なるべく喧嘩しないよう気をつけます。
    のぞぴーさんもどうか気をつけてくださいね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaijyuukaichan.blog35.fc2.com/tb.php/254-8ef97f2a
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。