スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合成でしか・・

2009年04月21日 23:09

今年もまた嫌な季節がやってきた。どれだけカイとの思い出を重ねても、ユキが病気と闘ったこの時期の事を忘れる事はないんだと思う。
それはきっと、ユキが味わった苦しみを忘れないようにっていう事なのかもしれない。
いつかもし、カイが病気になってしまったとき、一緒に闘えるように。

090421-4.jpg

ユキとカイの初めてのツーショット。この距離が縮まるのにすごく時間がかかった。
無理矢理連れて来たカイに、ユキはずっと怒ってて。
この時だって、「仕方ないな・・・」って顔して。

090421-2.jpg

こうやって一緒にお散歩に行けたのも、わずかな時間だった。

090421-3.jpg

これ、ユキが元気だった頃の最後の写真。やっとこんな風に2匹で寝るようになったのに。

それからはずっと、カイが寝たきりのユキに寄り添うようにして寝てたんだよ。

090421-5.jpg

ユキ、私ね、もう多頭飼いはしないって決めたんだ。ユキの寂しそうな目、見てみぬフリをした事。
だからきっと神様がユキを連れてっちゃったんだよ。
カイには寂しい目をして欲しくない。いつだって幸せそうに笑っててほしい。
多頭飼いが悪い訳じゃないし、憧れる。カイに兄弟ができれば・・って思った事も何度もある。
だけど私には出来ない。
現にユキの看病とカイの世話、両立できなかった。寝たきりのユキを隔離している部屋はカイは入れなくて、でもみんながそこに集まるからカイはずっと我慢してたんだと思う。
もっと遊んで欲しかったんだと思う。
いつかもしカイがおじいさんになった時、カイだけを見て、カイだけの為に時間を割きたい。
だから、他の犬はいらない。カイだけしかいらない。
それにね、そうする事がユキから与えられた償いなんだと思う。

ユキ、カイはこんなにも大きくなったよ。
ユキに似て気が強くなったよ。ユキが教えてくれたたぶ家のルール、ちゃんと守ってるよ。
それにユキのお墓、毎日参ってるのはカイなんだよ。

ユキ、もう一度だけ会いたい。

カイの写真はどんどん増えてくのに、ユキの写真はずっと止まったままなんだ。
そうやってどんどんユキが過去の存在になっていくのかな。
それは仕方のない事だろうし、そうしなければいけない事なのかもしれない。
それでも、もう一度だけ、ユキに会いたいよ。

ユキとカイが今一緒にいたらこんな感じなのかな。
090421-1.jpg














ランキングに参加しています。応援宜しくお願いします。


ポチっとすればランキングページに飛びます。いつもありがとう。

スポンサーサイト


コメント

  1. のぞぴー | URL | YVWDSDMY

    ユキちゃんが・・のぞみによく似ていて・・・胸にぐっとくるものがあります。

    ユキちゃんはほんの少しさみしかったのかもね・・
    その身体を脱いで・・・お空に羽ばたいていかなきゃならないって思ったとき。

    そして、きっと自分一人でお姉ちゃんを残していくなんて・・・
    後が気になって仕方がないから。
    きっとカイくんを見つけて来たのもユキちゃんの導きでしょうね。

    甘えん坊のカイくんに・・・
    私は一足先に帰るから・・・あとはきちんと頑張ってよっ!って
    言い聞かせてたのかもね。。。
    お姉ちゃんだから、きっと少し厳しく。。。

    ユキちゃんのお陰ですこぶるいい男のカイ君に逢えたよ。
    ありがとうね♪

  2. flora | URL | -

    たぶさん・・・私も同じです。
    この季節になると、ホリーの闘病を思い出します。
    新緑が芽生えてくるこの季節。5/1にホリーは天使になりました。。。

    ユキちゃんとカイ君の距離が近づくのに、時がかかったのは
    ユキちゃんはたぶさんの事が大好きだったので、カイ君に
    「たぶねえねは、あたしのたぶねえねでし。」と、ほんの少しだけ
    やきもちさんになっちゃったのかもしれません。

    ユキちゃんはたぶねえねが大好き。
    カイ君はたぶねえねとユキちゃんが大好き。

    そんな2人の可愛い気持ちが少しずつ変化して

    ユキちゃんは、たぶねえねとカイ君が大好き。
    カイ君も、たぶねえねとユキちゃんが大好き。

    2人の距離が縮まることに少々時間はかかったかもしれませんが、
    時間よりも深さが勝つ。と思っています。

    神様が連れて行ってしまった。。。
    私もホリーが天使になった時、同じ事を思いました。
    でも、ユキちゃんもホリーもきっと、神様が用意してくれた環境が
    暮らしやすいと判断してしまったのかなと思っています。
    でもユキちゃんはいつもたぶさんと逢っていると思います。
    私もホリーと逢っているんだと思っています。
    私たちがなかなか気付かないだけなのかもしれません。

    いつか必ず、逢えますよネ!
    あの先日の素敵な歌の歌詞の様に・・・

    ユキちゃんもホリーも過去ではありません。
    今でもこうして強い想いがあります。
    ユキちゃんは今でも、誰よりも幸せと自慢しているに違いありません。
    こんなに素晴らしいおねえさんと、おとうとがいるのですから♪


  3. もも | URL | -

    名犬ユキとカイの写真
    素敵ですね

    いなくなっても心にはずっと残っています
    私も10年育てたセキセイインコが目の前で亡くなった時は心臓が止まりそうになりました
    その時キャロルはいましたけど・・・

    別れは突然きます。今が大事だと思います。。。

  4. maseraママ | URL | -

    たぶさんの、ユキちゃんとカイ君に対する愛情深さが伝わってきます。
    うちの子達は、どうなんだろう・・・ふと思いました。
    たしかに、撫でるときだって、一度に撫でてあげられるのは二人。
    あとの二人には,「待ってね。」と言わなくちゃいけない。

    たぶさんのブログを読んで、
    どの子にも,精一杯できた・・・と思えるように、
    これからもがんばろうと思いました。

  5. たぶ | URL | -

    のぞぴーさん☆

    のぞみちゃん、ユキに似てますか??

    >その身体を脱いで・・・お空に羽ばたいていかなきゃならないって思ったとき
    この言葉にグッときました。
    ユキをね、火葬した時にもう「ユキ」の形はなくなるわけじゃないですか?
    それがすごく悲しくて、本当にもうお別れなんだって実感した瞬間で。
    でもこの時が、のぞぴーさんのおっしゃるように「身体を脱いでお空に羽ばたいた瞬間」だったのかもしれないですね。

    そうそう、ユキが最後までカイを嫌いだったのは有名な話なんですけどね。
    隔離していた和室の窓から外にいたカイと目が合ったんです。
    2匹がジーっと見つめあったんです。ほんの10秒ほど。
    確かユキが亡くなる少し前かな?
    きっとこの時、ユキはカイに全てを託したんでしょうね。
    「後はお前がこの家を、この家族を守るんだよ」って。

    あぁ・・また泣けてきた・・。

    いい男だなんて言ってくださるのはのぞぴーさんだけです!いつもカイの事を褒めて下さってありがとうでし~i-189

  6. たぶ | URL | -

    floraさん☆

    floraさんのコメントはいつも心に染み渡ります。
    こんな温かい言葉をいつもいつも、ありがとうございます。

    もうすぐホリーちゃんの命日なんですね。
    やっぱり時期が近づくとどうしてもダメで・・・。
    ユキの場合、亡くなった6月よりも病気になった5月の方がすごく印象に残ってるんです。
    それはたぶん、5月の初めに私がユキが遠くに行く夢を見たからかもしれません。
    その事がずっと心に引っかかってて。

    私ね、ユキが亡くなる最後の最後までユキの写真を撮ってたんです。
    不謹慎だと思われるかもしれないけど、面白半分とか決してそういう意味ではなく、何ていうか・・・
    どんな状態になってもユキはユキじゃないですか??
    元気なときも病気のときも。元気な時しか写真に撮らないっていうのが嫌だったんです。
    でも昨日、改めて見直したらやっぱり辛くて・・。亡くなる2日前ぐらいの写真が一番つらかったです。

    >でもユキちゃんはいつもたぶさんと逢っていると思います。
    そうですよね、ユキと過ごした記憶自体は過去の存在になっても、ユキはずっと側にいるんですよね。
    暴れん坊なカイをずっと見守ってるんですよね、きっと。
    だからカイも毎日、ユキのお墓の前でジーっと見つめてるんですよね!

  7. たぶ | URL | -

    ももさん☆

    犬に限らず大切な家族を亡くした事がある人にしか分からない辛さってありますよね。
    ペットロス・・とまではいかなくても、ずーっと後を引いちゃうんです。
    それがいつかパッタリ忘れてしまう事もあるのかもしれないけど・・・。

    今が大事。まさにそうです。
    ユキとの思い出も大事だけど、カイと過ごす時間はもっと大事です。

  8. たぶ | URL | -

    maseraママさん☆

    maseraママさんのお家はワンの大所帯ですもんね。
    それは普通に憧れます。いいなぁ~賑やかだし、楽しそうだし羨ましいな~っていつも思います。
    でももしカイに新たに家族が出来たら・・・きっとカイはヤキモチ焼きなのでストレスが溜まってしまうと思うんです。
    いつもなら両手でワシャワシャ撫でて貰えたのに、それが片手になり時間も半分になり・・・。
    ユキの寂しさをカイに味あわせてしまうと、私自身が本当に最低の人間だなって思うんですよね。
    カイがいなくなった時寂しくないようにとか、カイがおじいさんになった時に若々しくいられるようにって新しく家族を迎えるのは、ひょっとしたら人間側の都合なのかもしれないなって思うんです。
    カイは決してそんな事、望まないと思うし。

    4ワン全てに同じだけの愛情と時間をかけるのは大変だと思います。
    でも、maseraママさん家のワンたちはみんな幸せそうな顔をしていますよね^^
    きっと、多頭飼いでもきちんと行き届いてるから、みんな満足してるんだろうなぁi-189

  9. みる父 | URL | -

    こんにちは。

    何を書けばいいのか考えてしまい、日にちだけが過ぎてしまいました。

    たぶさんが僕に書いてくれた、「みるはるいがくれた宝物」って言葉を
    お返ししたい(いや、共有かな)と思います。
    カイ君はユキちゃんが残してくれた宝物。きっと必然なんですよね。

    忘れることなんてできないしその必要もない、姿はなくても一緒に生き続けるんですから。
    僕らは(僕なんかよりもっとお若いたぶさんは)るいにもユキちゃんにも会えるのは
    まだまだ先の事です。簡単には会わしてもらえないんでしょうね。
    一緒にしちゃ怒られるかな?


    先日の河原へ行った日はるいの命日でした。(実際は16日ですけど)
    元気なるいが最後に遊んだ場所。同じようにいい天気でした。
    そうやって僕は同じ時間をるいとみると共有しています。

    例えば風が吹いたり、物音がしたり、ふと思い出したりした時は
    あ、るいちゃんが来てるって子供は言ってます。

    ユキちゃんが過去の事になるのは仕方ないと僕も思います、
    けど、そうしなければいけない事はないと思います、絶対に。
    僕はいつまでも忘れたくありません。
    いつもみるのそばにはるいがいると信じていたいから。

  10. たぶ | URL | -

    みる父さん☆

    「みるちゃんはるいちゃんがくれた宝物」「カイはユキがくれた宝物」
    そうですね、この言葉は共有すべき言葉ですね。大切なわが子を亡くした全ての方と。

    るいちゃんとの思い出の場所をみるちゃんと過ごす、これはとてもステキな事だと思います。みる父さんのお子様のセリフも、とてもステキだと思います。
    霊感うんぬんかじゃなく、感性と言うのかな?とても優しいお子さんなんだろうなって言うのが伝わってきます。
    ユキとの思い出の場所、実はほとんどないんです。
    ユキが健在だった頃は私もまだ経済的に余裕もない時期でしたし、何よりユキは本当に犬嫌いで。犬がいると全くダメなんです。
    だからカイと作った思い出はほとんど新規開拓した場所。
    それでも今日、不思議な事があったんです。(これは今日書く記事に載せます)

    思い出の共有も時間の共有もできないけど、ユキはまだ私の側にいるんでしょうね。
    出来の悪い弟分を、心配しながら見てるのかな。
    いつかまた会える日まで。
    胸を張ってユキに会えるような人間でいたいです。

    温かいお言葉ばかり、いつもありがとうございます。
    やっぱり・・・住職に向いてません?(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaijyuukaichan.blog35.fc2.com/tb.php/40-a4cbcff4
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。